2016年05月24日

ダービー🐴💴展望

メートル)が29日に東京競馬場で行われる。V賞金2億円をかけた頂上決戦に、皐月賞馬ディーマジェスティで挑むのが蛯名正義騎手(47)。“苦労人”がダービーを勝つのは日本でサミットが開催される年というデータもあり、24度目の挑戦で悲願達成を狙うベテランが、その思いを熱く語った。

 挑戦を重ねれば重ねるほど、勝つことの難しさを感じる。ダービーの舞台に立つのは今年で22年連続24度目。蛯名正義騎手は、悲願のダービージョッキーへの気持ちを年々強くしてきた。

 「そりゃダービーは特別だよ。オレももう若くないからな。勝ちたい気持ちもあるし、その思いだけなら負けないと思っている。でも、それだけで勝てるなら、もう勝っているよ」

 騎手生活30年目のベテランの言葉には重みがある。2012年のフェノーメノ、14年のイスラボニータではともに2着。限りなく戴冠に近づきながら、あと少しでスルリとこぼれ、涙を流したこともあった。そして今年、挑戦を続ける47歳は皐月賞馬ディーマジェスティと大一番に臨む。

 戦前から3強対決が話題になった皐月賞で、8番人気の低評価を覆して大外を豪快に突き抜け、クラシック1冠目を獲得。しかも、ロゴタイプの記録を0秒1更新する1分57秒9のレースレコードVだった。

 「ダービーが楽しみになるような競馬がしたかった。ペースがハマったし、想像以上の走りも見せてくれた。能力があってもそれをすべて発揮できない馬もいるけど、普段からおとなしくてバタバタしないのが彼の良さ。クレバーな馬だね」

 速い流れが向いたことは確か。それでも前にいたリオンディーズ、サトノダイヤモンドをかわし、直後のマカヒキも退けたことは大きな自信になったに違いない。「(3強の)間に位置して勝てたのは馬に力があったからこそ。しかも抜け出してからは物見をして遊んでいた。最後に詰め寄られたのはそのせいだけど、馬にはまだ余裕があった。やれるんだ、ということが証明できた」と“次”への手応えもしっかりとつかんだ。
ラベル:ダービー
posted by 義風堂々 at 05:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。