2017年01月04日

ソーシャルゲームを続ける理由は、「モノを集めたい」が30.8%でトップだが、「人とつながりたい

損失回避と人間関係でハマる子どもたち

 高校1年男子A太郎は、ハマっているゲームの回復時間になると、学校でも机の下に隠れてやっている。「せっかくできるようになっているのに、やらないと損だから。もう体力が回復する時間は身体が覚えている」という。A太郎は、体力回復に合わせて、夜中でもタイマーをかけて一度起きてゲームをする。当然、学校では眠くて仕方がなく、居眠りすることもある。「回復したのにやらないと強くなれない。眠いけれど仕方がない」。

 中学1年女子B子は、これまでゲームには興味を持っていなかったが、スマホを持つようになってゲームを始めた。ある時、保護者に「スマホをいじっている時はいつもゲームをやっている」と指摘され、自分が暇さえあればゲームをしていることを自覚した。それほど面白いと思っているわけではなく、元々は付き合いで始めたものだ。

友達からのゲームへの招待やおねだりは利用させるための仕掛けの1つ 友達からのゲームへの招待やおねだりは利用させるための仕掛けの1つ
※クリックすると拡大画像が見られます
 「ゲームをやらないと浮いちゃうし、招待されたら拒めない。体力回復アイテムのおねだりもされるし。やりたいんじゃなくて付き合いだから」。付き合いといいつつ、B子も十分ゲームにハマっているようだ。毎日せっせと体力回復アイテムを友達に送ったりねだったりしている。

 人は損失を回避したい生き物だ。得られたはずのものが得られないことを嫌うこの心理は、多くのゲームで利用されている。A太郎のように体力回復時間に操られてゲームをしていることもその1つだろう。そのほか、たとえばガチャには、「期間限定」「今だけお得」のような煽り文句がつきものだ。毎日ログインすればプレゼントがもらえたり、曜日ごとに得られるモンスターが違ったりと、ログインさせ続ける仕組みも同様だ。A太郎はこの仕組みに完全にハマっているのだ。

 もう1つは、人間関係だろう。ソーシャルゲームには交流や協力によってお互いが得する仕組みがあることが多く、B子のように「友達が使っているから使う」という子もいる。エンターブレインの「SNSアプリユーザー行動心理レポート」(2012年4月)によると、ソーシャルゲームを続ける理由は、「モノを集めたい」が30.8%でトップだが、「人とつながりたいScreenshot_20160928-060128.png」(20.3%)が続く。そのほか、「人に勝ちたい」(18.9%)、「人に認められたい」(6.8%)、「人の役に立ちたい」(5.0%)など、人とのつながりが続ける理由の中で目立つのが特徴だ。
ラベル:アイテム
posted by 義風堂々 at 07:16| Comment(0) | ソーシャルゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。